「高森町子ども医療費助成制度」の対象年齢が、18歳まで拡大します!

最終更新日 2016年03月28日

 平成28年4月1日から「高森町子ども医療費助成制度」の対象年齢を満

18歳を迎える日以後の最初の3月31日までに拡大し、助成いたします。

ただし、結婚されている方・社会人として働いている方(勤労学生以外)を除きます。

【助成を受けるには】

 子ども医療費助成制度を受けるためには登録申請をし、受給者証の交付を受ける必要があります。申請には以下のものを持参し、健康推進課へおこし下さい。

① 申請書(役場から送付されます)  ② 印鑑(認印)  ③ 対象の子どもの健康保険証

④ 保護者名義の金融機関の通帳(カード)

※中学3年未満の方は、現在の子ども医療費受給者証をご使用下さい。

 

【受診の方法】

●「子ども医療費」の場合

お子さんが高森町内の医療機関等を受診する際には、「受給者証」お子さんの「健康保険証」を提示して下さい。

●「ひとり親家庭等医療費」の場合

高森町内の医療機関等を受診する際には、「受給者証」受診される方の「健康保険証」を提示して下さい。 

受給者証の交付について

「子ども医療費」の場合

はじめての方(出生・転入等)は登録手続きが必要です。         

 健康推進課で登録手続きをされた方には、「受給者証」を発行します。

※手続きに必要なもの...・健康保険証(お子さんの加入手続きが済んだもの) ・保護者名義の金融機関の通帳(カード)  ・印鑑(認印)

「ひとり親家庭等医療費」の場合

該当される方は、住民福祉課で登録手続きが必要です。

※手続きに必要なもの...・健康保険証(保護者、お子さんの加入手続きが済んだもの)・保護者名義の金融機関の通帳(カード)・印鑑(認印)・税証明書類(課税証明書か所得証明書)・住民票・戸籍謄本

手続終了後に「受給者証」を発行します。

【受診するにあたっての注意点】

「子ども医療費」の場合

① 受給者証の提示がない場合や、高森町外の医療機関等を受診した場合は、窓口にて料金をお支払い下さい。

この場合、今までどおりの「償還払い方式」での対応となりますので、申請書と領収書を役場窓口(健康推進係)へ提出していただきます。

② 健康保険が適用にならないもの(薬の容器代、診断書などの文書料、予防接種、健康診断料など)については、助成の対象外となります。

③ 高森町から転出されると、転出日以降の受給者証は使用できません。 転出の際には、受給者証を返還して下さい。

④領収書は診療を受けた日の属する月の末日から起算して6か月を経過した日以後については申請できません。

「ひとり親家庭等医療費」の場合

 保護者の方における医療費については、今までどおりの「償還払い方式」となりますので、窓口にて料金をお支払い下さい。

 その他については、「子ども医療費」の場合の①~③と同様。

①領収書は診療を受けた日の属する月の翌月から起算して1年を経過した日以後については申請できません。

ただし、①の「償還払い方式」の申請書提出先は、住民福祉課福祉係です。

詳しくは、高森町役場 健康推進課・住民福祉課へおたずね下さい。(℡0967-62-1111 内線122・132)

           

 

SNSで情報を共有

facebook
twitter
line

高森町観光・イベントサイト

行政サイト

観光サイト

高森町のSNS

お問い合わせ