熊本県 風しん抗体検査 助成事業について

最終更新日 2018年09月14日

風しん抗体検査助成事業について(熊本県の事業)

 予防接種法で、麻しん風しん混合ワクチンを1歳児と年長児の計2回接種するようになったのは2006年(平成18年)からです。1990年(平成2年)4月2日以前に生まれた方は、風しんの予防接種を1回だけしか受けていなかったり、もしくは全く受けていない可能性があります。

 妊娠期間の前半(20週頃まで)に妊婦が風しんに感染すると、赤ちゃんが目や耳・心臓などに障がいもって生まれる可能性があります(先天性風しん症候群)。そのため、妊娠・出産を考えている女性やそのパートナーの方は、事前に風しんの予防が大切です。そこで、熊本県では風しん抗体検査を無料で実施しています。

対象者

 県内(熊本市を除く)にお住まいの方で、以下の①又は②に該当する方。

 ①妊娠を希望する女性とその配偶者などの同居者。

 ②風しんの抗体価が低い(HI抗体検査で16倍以下)妊婦の配偶者などの同居者。

※ただし、次のいずれかに該当する方を除きます。

  ○過去に風しん抗体検査を受けたことがある方

  ○風しんの予防接種歴がある方

  ○風しんにかかったことがある(検査で確定診断を受けた)方

検査の流れ

 ①抗体検査申込書を最寄りの保健所、もしくは高森町役場 健康推進課の窓口に提出します。

  (上の対象者②に該当する方は、母子手帳のコピーなど抗体検査の結果が分かるものもご持参ください)

 ②保健所・市町村から受診券が発行されます。

 ③検査医療機関を選び、電話連絡して検査予約をします。

 ④受診券等を持って、検査医療機関で検査を受けます(採血を行います)。

 ⑤後日(約1週間後)、検査医療機関から結果通知書が送られてきます。

○検査の結果、風しんの抗体価が低い場合(外部リンク 厚生労働省HP)は風しんに感染する可能性がありますので、予防接種をご検討下さい。→風しん予防接種助成事業について

風しん抗体検査申込書

記入し持参される場合は黒太枠の中をご記入ください。

熊本県のホームページもご参照ください。→風しんの抗体検査が無料で受けられます(外部リンク)。 

また、風しん抗体検査を実施している阿蘇保健所管内の医療機関リストはこちら

その他の医療機関については、熊本県ホームページよりご参照ください。

SNSで情報を共有

facebook
twitter
line

高森町観光・イベントサイト

行政サイト

観光サイト

高森町のSNS

お問い合わせ