災害による町税の減免について

最終更新日 2017年04月01日

災害による被害者で町税が課税されている方は、申請により税額が減免または免除されます。
主なものは以下のとおりですが、詳細については各担当係にお問い合わせください。

町県民税

災害により、住宅又は家財などの損害額が全体の3/10以上となった場合(損害保険より補填されるべき額を除きます)、所得や損害割合に応じて町県民税が減免または免除されます。
(お問い合わせ先:税務課 税務係)

固定資産税

・被災した土地について、災害により利用できなくなった面積(被害面積)が全体の2/10以上となった場合、被害面積の割合に応じてその土地に課税される固定資産税が減免または免除されます。

・被災した家屋について、被害額がその家屋全体の2/10以上となった場合、損害の割合に応じてその家屋に課税される固定資産税が減免または免除されます。

・被災した償却資産(事業で利用する設備等の資産)について、被害額がその償却資産の2/10以上となった場合、損害の割合に応じてその資産に課税される固定資産税が減免または免除されます。
(お問い合わせ先:税務課 固定資産係)

国民健康保険税

・被災した家屋または家財について、被害額がその価格の3/10以上となった場合、所得や損害の割合に応じてその家屋に課税される固定資産税が減免または免除されます。
(お問い合わせ先:健康推進課 国民健康保険係)

SNSで情報を共有

facebook
twitter
line

高森町観光・イベントサイト

行政サイト

観光サイト

高森町のSNS

お問い合わせ