固定資産税

最終更新日 2017年04月01日

納めなければならない方

毎年1月1日現在で、町内に土地・家屋・償却資産(会社や個人が事業用に使う機械、器具など)を所有する人が、その年分の納税義務者になります。
したがって1月2日以降、所有権移転や家屋の取り壊しなどを行なった場合でも、その年度分の税金は納めていただくことになります。

評価額などの縦覧

固定資産税の基本となる土地や家屋などの評価額は、毎年4月1日から5月31日までの間、固定資産税係で縦覧できます。(代理人の場合は委任状をお持ちください。)

届け出と申告

  • 土地、家屋の所有者が町外へ転出されるときは、納税管理人を定め届け出てください。
  • 土地、家屋の所有者が死亡し、相続の手続きが遅れたときは、相続人のなかから相続人代表者を定め届け出てください。
  • 償却資産を所有している人は、毎年1月1日の資産の状態を1月31日までに届け出てください。

口座振替を使用しましょう

口座振替を利用されますと、うっかり納期限を過ぎてしまい余分な督促料を払うことがなくなります。また、町会計課や金融機関に行って納税する必要もありません。

SNSで情報を共有

facebook
twitter
line

高森町観光・イベントサイト

行政サイト

観光サイト

高森町のSNS

お問い合わせ